科研費報告ページへ戻る

 

報告書

  1.  熊野善介(2017). 日本及びアメリカにおける次世代型STEM教育の構築に関する理論的実践的研究、基盤研究(B)研究成果中間報告書(研究代表者:熊野善介)、課題番号16H03058,平成28・29・30年度、平成29年3月31日、1-136.
    http://ir.lib.shizuoka.ac.jp/handle/10297/10066
  2.  熊野善介(2017). 静岡STEMジュニアプロジェクト、平成28年度次世代科学者育成プログラム報告書、研究代表者:熊野善介、平成29年3月31日、1ー103.
    http://ir.lib.shizuoka.ac.jp/handle/10297/10067

発表

  1. 熊野善介(2016).シンポジウムⅠ、「理科教育の新しい潮流(NGSS/STEM)と次期学習指導要領に応えるエネルギー環境教育」、「新学習指導要領を考えるーこれからのエネルギー概念をどのように教えるか-」日本理科教育学会第6回全国大会論文集、信州大会2016,8月7日、招待シンポジスト, 52-53.
  2. 齊藤智樹・熊野善介(2016)、LHSカリキュラムに見られる分析的な枠組みと現代スタンダードへの適用に関する研究、1C-07、日本エネルギー環境教育学会第11回全国大会論文集,86-87.2016.8.
  3. 奥村仁一・熊野善介(2016)、ソーラーオーブンを利用したエネルギーについてのプロジェクト学習による生徒のSTEM的学びの深まりについての実践的研究、1D-05、日本エネルギー環境教育学会第11回全国大会論文集,100-101.2016.8.
  4. 熊野善介ら(2016)、日本におけるSTEM教育研究の在り方と展望-アメリカのSTEM教育改革の理論と実践を踏まえて-、課題研究発表、日本科学教育学会年会論文要旨集40、3-4.
  5. Yoshisuke Kumano, Tomoki Saito, Jin-Ichi Okumura, Shoko Sakata, Naoko Kosaka, and Lely Mutakinati (2016).[27O4E-2] Status Study on STEM Education Development and Results from Shizuoka STEM Education Trials 2014-2015 and Future Setting (A0520) 2016 International Conference of East-Asian Association for Science Education, 2016, August 26-28, Conference Handbook, 100.
  6. Tomoki Saito*, Jin-Ichi Okumura, Shoko Sakata, and Yoshisuke Kumano,(2016). [27O4E-1] Development of the Theories to Assess Students’ Learning in a STEM Integrated Learning Environment (A0522) 2016 International Conference of East-Asian Association for Science Education, 2016, August 26-28, Conference Handbook, 101.
  7. Jin-Ichi Okumura, Tomoki Saito, and Yoshisuke Kumano (2016). [27O4E-3] An Action-Research on the Expansion of the Biological Knowledge and Achievement of the Scientific and Engineering Processes at the High School Students in the Learning of the Avian Embryonic Experiment based on Bio-STEM Perspective (A0353), Shizuoka University, 2016 International Conference of East-Asian Association for Science Education, 2016, August 26-28, Conference Handbook, 101.
  8. Yoshisuke Kumano, Tomoki Saito and Jin-Ichi Okumura(2016). STEM Activities using Dagik Earth: Development of STEM Space Education”, Workshop, 10:30-11:40, Saturday 22 October, The 3rd International Science, Mathematics and Technology Education Conference (ISMTEC), The Ambassador Hotel, Bangkok, Thailand.
  9. 招待パネラー;Great Debate. “Geoscience and Society”; U24A AGU-JpGU Great Debate, 16:00 – 18:00, Room 2020, Moscone West, 2016 AGU The Fall Meeting, San Francisco, 13th , December, 2016. Invited speakers; Dr. Naomi Oreskes, Dr. Laura A. Guertin, Dr. Peter B. Klemen, Dr. Yoshisuke Kumano. ; This session will be open to the public through AGU website.
  10. 奥村仁一、熊野善介(2016) 高等学校生物でのプロジェクト学習(PBL)の女子に対する有効性についての実践的考察、C-13, 日本理科教育学会東海支部大会研究発表要旨集、名古屋女子大学、平成28年12月3日.
  11. 小林美沙希、石川遙、熊野善介(2016) STEMジュニアプロジェクト「STEMキャンプ」における子どもたちのイシューズへの向き合いかたの調査-井川少年自然の家での実践をもとに‐、D-12, 日本理科教育学会東海支部大会研究発表要旨集、名古屋女子大学、平成28年12月3日.
  12. Yoshisuke Kumano(2017).”Theory and Practices of STEM education for Indonesia”, Invited lectures by SEAMEO-QITEP Indonesian Government, sponsored by MEXT, Japan, 2017 February 6-10.
  13. アメリカのミネソタ州とアイオワ州におけるSTEM教育改革の教育政策の展開とミネソタ大学STEM教育センターとアイオワ州知事STEM教育審議会の具体的展開と評価、平成28年尾日本科学教育学会第8回研究会、名古屋女子大学、平成29年6月24日.
  14.  基調講演(招待)、「STEM教育改革と21世紀型資質・能力の関係と静岡における理論と実践からみえてきたこと-理系科目における探究的学びやSTSとの関連を視座に入れて-」夏の合宿研究会、日本教育工学会、2017年7月29日、13時15分から15時00分、長崎大学文教地区キャンパス
  15.  エネルギー環境教育とSTEM教育、1M202, 日本理科教育学会全国大会発表論文集第15号、福岡教育大学、平成29年8月5日、p.252