Google のプライバシー ポリシーとプライバシー設定の改善について

blog.edykuma@gmail.com Google では今月、弊社が収集する情報の種類とその収集理由を理解していただきや すくするために、プライバシーポリシーを更新いたします。また、お客様のデータと プライバシーを保護するためのプライバシー診断などの機能の改善もすでに実施しま した。 お客様の現在の設定や、お客様の情報が処理される方法は変わりません。今回変更さ れるのは、方針の説明方法と、お客様がデータの更新、管理、エクスポート、削除を 行う際のオプションの説明方法です。 Google は EU での新しいデータ保護規則の施行を見据えてこれらの変更を実施する と同時に、この機会を利用して、世界中の Google ユーザーを対象とした利便性の改 善も行っています。 Google のプライバシー ポリシーをわかりやすく改善 構成をシンプルに、表現を明確に 求める情報が簡単に見つかるようにポリシーページの使いやすさと構成を改善し、 Google の方針についても、さらに詳しく明確な表現で説明するようにしました。 動画とイラストによる説明を追加 文章よりも絵や映像のほうがわかりやすい場合もあるため、ポリシーページ全体に短 い動画やイラストを追加しました。 プライバシー設定と直結 ポリシーページから主要な設定に簡単に移動できるようにしました。これにより、プ ライバシーに関する設定がしやすくなっています。 ポリシーの改定版はこちらでご覧いただけます <accounts.google.com/AccountChooser?Email=blog.edykuma@gmail.com&;continue=https%3A%2F%2Fpolicies.google.com%2Fprivacy%2Fupdate%3Futm_source%3Dpp-email%26utm_medium%3Demail%26utm_campaign%3Dglobal>。 施行日は 2018 年 5 月 25 日です。 プライバシー設定を改善 昨年 Google は [マイ アクティビティ ] の内容を更新し、お客様が Google アカウントのデータをさらに便利に確認、管理で きるようにしました。また、[ダッシュボード ] のデザインも刷新し、ご利用中のサービスとそれに関連付けられているデータを簡単 に確認できるようにしました。 今月は [プライバシー診断 ] の内容を更新し、より多くの情報に基づいてプライバシーに関する主な設定を行って いただけるように、新しいイラストと例を追加しました。また、設定のご希望は変わ っていくこともあるため、新しいプライバシー診断では、プライバシー設定の確認を 促す定期的なリマインダーにご登録いただけるようにしました。 プライバシーを管理するための設定について詳しくは、Google アカウント <accounts.google.com/AccountChooser?Email=blog.edykuma@gmail.com&;continue=https%3A%2F%2Fmyaccount.google.com%2F%3Futm_source%3Dpp-email%26utm_medium%3Demail%26utm_campaign%3Dglobal>で ご確認ください。 (c) 2018 Google LLC, 1600 Amphitheatre Parkway, Mountain View, CA 94043 このメールは、お客様の Google アカウントの更新についてお知らせするもので、 blog.edykuma@gmail.com 様にお送りしております。

[Important Reminder] Review your data retention settings before they take effect on May 25, 2018

Dear Google Analytics Customer, We recently sent an email introducing new data retention controls <www.google.com/appserve/mkt/p/AGXTda_Gl9UeOK6KHHCbMu2axDrnNxslnH4kbhc8V1H6lUp66kUH53IgyjS3rz08GcGuf-V99a4RwgMQn7X9V7v24u-Q8FFx4W4AoA3Cq5B9FEoHA7BkGM2t_bd6x-26aj1e4PEW6hPK0eWdBNXnFxBDMXc-wrQ> that allow you to manage how long your user and event data are stored by Google Analytics. We would like to remind you that the new data retention settings will soon take effect - on May 25, 2018. If you haven’t already done so, please review and confirm these settings (Property ➝ Tracking Info ➝ Data Retention) as Google Analytics will begin to delete data according to these settings starting May 25. Impact of this setting as of May 25 is the following: * Any user and event data that is older than your retention setting will be marked for permanent deletion, and will no longer be accessible in Google Analytics. * Deletion will affect the use of segmentation, some custom reports and secondary dimensions when applied in date ranges older than your retention setting. * Reports based on aggregated data will not be affected. Find out more You can also learn more about these data retention settings <www.google.com/appserve/mkt/p/AGXTda-Cz0iaBfzgIUgU5aS4zFbFkUIYU2BC7yPGB71sEeL1ccxPxM75X_iXn2DrjLcNuBH9kqyuIrVoHBaF4NvnIJxRFMhyDzkptqgekXabXopGbnmm19v1sIrfrHltcWbWaQDvlqbSBdpE-5fZEEg1_h6jMII> or how Google Analytics is committed to safeguarding your data <www.google.com/appserve/mkt/p/AGXTda8B4N9tPxRaa60b8Ee6OdiHYzg7D54DN-M4pdiiB2UrZPKfPJrl4qDotzucXms9FVyV0eqhk0z7RniT4dkklE7BKvJkoJlxO_kSEiv_wFOxXBTtFM3iSaFSHVWQx6Pn0PKCQUS0KKPf7GZ5_zFGwQaWTQ>. Thanks, The Google Analytics Team Google Asia Pacific Pte. Ltd., 70 Pasir Panjang Road, #03-71, Mapletree Business City, Singapore 117371 You have received this mandatory email service announcement to update you about important changes to your Google Analytics product or account.

[Important Notice] Data processing terms for the General Data Protection Regulation (GDPR) available for review / acceptance

Dear Customer, Over the past year we've shared <www.google.com/appserve/mkt/p/AGXTda9iCyN2f5AktSaDtvEz8xPFJZ3IY_gdDPDZ2l_Ya_dlQZkzNcOY1vqZRU_LQsGzWklze9ZwZSrAn4fdMANS1aojdxH07Vq0RWc7NQ-Ul7dM09yRB1Oh8C2q1H5nowN2EEqtvkEf8XaXw2cb1CUncLkJHQqaz-hZeGB...> how we are preparing to meet the requirements of the GDPR, the new data protection law coming into force on May 25, 2018. It affects European and non-European businesses using online advertising and measurement solutions when their sites and apps are accessed by users in the European Economic Area (EEA <www.google.com/appserve/mkt/p/AGXTda-zyxuSiy3dqWv0Tg0NbzSFK6ZV5jTgLuTk-Sfc4HvDQpxgS31cbQQrR93Xsp5Zyax0QXqngb-Q6xlzz2TKuOXky9E>). We would like to ensure you are aware of updated data processing terms and a new contact collection mechanism for your Google Analytics Suite Products (Standard and 360 versions). If you service users in the EEA (or are based in Switzerland, where our updated terms are also relevant), or are otherwise subject to the GDPR, please review and accept these terms and provide related contact information. If you do not service users in the EEA or are not based in Switzerland, you may disregard the rest of this email. Step 1: Review and accept the updated data processing terms in each account for each product you manage in the Google Analytics Suite: * Google Analytics / Analytics 360: Admin > Account > Account Settings (scroll to bottom of page) * Google Optimize / Optimize 360: Edit Account Details > (scroll to bottom of page) * Google Tag Manager / Tag Manager 360: Account Settings > (scroll to bottom of page) * Google Attribution / Attribution 360: Admin > Account Settings > (scroll to bottom of page) * Google Data Studio: User Settings > Account and Privacy (acceptance managed on a user basis) Additional information about accepting these terms: * All clients using 360 products, clients using Data Studio, and clients using standard versions of Tag Manager or Optimize whose accounts were created before March 12, 2018, can review and accept data processing terms in their account(s). * For clients based in the EEA or Switzerland, updated data processing terms have already been included in online terms for all Google Analytics and Attribution accounts and for Tag Manager and Optimize accounts created on or after March 12, 2018. * For clients based outside of the EEA or Switzerland, data processing terms can be reviewed and accepted in the UIs of each account. * Once you accept the new data processing terms, they’ll supplement your current contract or Terms of Service and will take effect on May 25, 2018 * If you contract through a Sales Partner for any 360 products within the Google Analytics Suite, you should seek advice from the parties with whom you contract. * If you are located in Germany, the Hamburg Data Protection Authority has been informed of these new data processing terms. Step 2: Provide your legal entity and contact details for notifications we may need to send under the GDPR (e.g. subprocessor appointment): * For Analytics, Optimize, Tag Manager and Attribution, you can provide the contact details within Suite Home <www.google.com/appserve/mkt/p/AGXTda9lKqaEkSGCRO-eULI1halDWoDnxkxREDK05KtOJ_vKv0l6JW4ix_SSszGq_9ojpoP4ukmEuJFklIPeex1JzKgW6FwVoDoFPNVoekjM> ( “Organization Settings” >“Data Processing Amendment - Details”). Learn more <www.google.com/appserve/mkt/p/AGXTda8_u7hRo9T6yMntGriM16oBbdSmq6BLzTL_Lmxh4dSIAicV396de3x4NO6lVTfCsgHHQFQrdkWG7hj-lGCXJg05aTSse5aL4Lra44f71AJtcwxcEXN2b9cz4zMbQMehdY2QrWmP0-q7>. * For Data Studio, the contact collection mechanism exists in Data Studio only (not in Suite Home) and is available at User Settings > Account and Privacy. Learn more <www.google.com/appserve/mkt/p/AGXTda-66jpzDt-pmquPIoBQBkHIYLzSxA9GzJoYLNBXM92OXN2MFjGu6JuF2vYWZBZdt1En4V7zquSUmV6dme12APTSbAb8HZvpc038jbwHk2ezYfk5SXvceYTZ3HftyXPr0sKyWMyQie2y9g>. Find Out More You can refer to privacy.google.com/businesses <www.google.com/appserve/mkt/p/AGXTda8htFl8vfi0wzSk_6wJ014Zn11fiOvMVQoDrkyEf76OO_-suTFIEIPmbAr7mFckVpxXZijCmgIeQADGRQWWRBfZ3lsFBhsjmbliB2KxfFv3NW5qMlRUxRo_q2g> to learn more about Google’s data privacy policies and approach. Sincerely, The Google Analytics Suite Team Google Asia Pacific Pte. Ltd., 70 Pasir Panjang Road, #03-71, Mapletree Business City, Singapore 117371 You have received this mandatory email service announcement to update you about important changes to your Google Analytics product or account.

[ご対応ください] Google アナリティクス データの保持と一般データ保護規則に関する重要なお知らせ

これは4月12日付けのお知らせの翻訳版です。 Google アナリティクス管理者の皆様 Google ではこの 1 年間、2018 年 5 月 25 日に施行される新しいデータ保護法「一 般データ保護規則」の要件を満たすための取り組みについてお伝えしてきました <www.google.com/appserve/mkt/p/AFIPhzUZV9Z5ZXbI5PEyA32iY6R9dqbCwn35JMpGUDFmA8KRgY_U4hIhY6Pt49DqSz87cHfq06XFKW1vU_atViJN36dsxdupnvkzUKJA78fGLQXYS267zQ26GnOkBXtsR8FXqHJUSeQEwK-eyrenI9LFmLPzIXqiVh11sUD...>。 本日は、Google アナリティクス データへの影響が予想される重要なサービス変更 と、一般データ保護規則の施行に備えるための最新情報についてお知らせいたしま す。お客様のユーザーの拠点が欧州経済領域(EEA <www.google.com/appserve/mkt/p/AFIPhzWc9pjyGgyNj6RwddfspZIMe-OxN1oMsbEZeDhFv2v1wUhIQ6c2NdcRCwRQF3J2_W8UjADqpfdX4YmfNF2HPILXYiM>)以 外の場合でも、このメールをお読みいただき、必要な対応を行っていただけますよう お願いいたします。 サービスの更新情報 Google は本日、詳細な管理が可能なデータ保持設定 <www.google.com/appserve/mkt/p/AFIPhzWGLHDCeQNMUPXCBbb_ABNYa294BxCRFmdc1huww3KI5StGS882ECo-ogKl4Dx_vwi4tbSHMv27InXGUjGrE6eDvccFXsPZJ7iF39pqoOwzL0M-U81rBipAmJkUP8oTUBOeT8l-1sRuAdmiky79CXJsSQ8>を 導入し、Google のサーバーに保存されているユーザーデータとイベントデータの保 持期間を、お客様ご自身で管理していただけるようにいたしました。2018 年 5 月 25 日より、ユーザーデータとイベントデータはこの設定に即して保持されるように なり、ご指定の保持期間を過ぎたデータは、Google アナリティクスによって自動的 に削除されます。なお、この設定は集計データに基づくレポートには影響しません。 必要なご対応: 上記のデータ保持設定をご確認のうえ、必要に応じてご変更くださ い。 5 月 25 日に先立って、Google は新たにユーザー削除ツールも導入いたします。こ のツールを使うと、個々のユーザー(サイトの訪問者など)に関連付けられたすべて のデータを、Google アナリティクスやアナリティクス 360 のプロパティから削除で きます。この新ツールは、アナリティクスの Client-ID(Google アナリティクスの 標準的なファーストパーティ Cookie)や、User ID(有効な場合)、App Instance ID(Firebase 向け Google アナリティクスをご利用の場合)に送られる一般的な識 別子に基づいて自動的に機能します。詳細につきましては、まもなく Google Developers サイト <www.google.com/appserve/mkt/p/AFIPhzWU94m17ZJxf1THUzEUDUPS7WMMFmKOR3YVjJoAXGeMbpVl1oHPU5Y3bWZQgSviP-tusC1tnvnjz_0lOvRw0fIoOqMYfum1_lDe1K_YBfxrW5HiKp2T6sjqmmmHk4aIu8EKBSpc2I31FD_N4bfcjG-ifQUaJfhEPzi...>で お知らせいたします。 Google は今後も従来と変わらず、お客様によるデータ保護を可能にする取り組みを 続けてまいります。Google アナリティクスとアナリティクス 360 では、データの収 集、使用、保持に関するさまざまな機能とポリシーを今後も提供し、お客様がご自身 のデータを保護 <www.google.com/appserve/mkt/p/AFIPhzWeGWEfYpphCj4dC6hK0ZhZsGYqzycHpR7B2bSkB9Zn1aWOCVrm3RWPaLycScoz0fq_a-4SYO49B9HRRijHp7VEIjG_LT3Autg6W9oZ2BHFiByi0520KWoB_ssDHS_ToMqovRL1z_Nmf87OThRfZrTJDQ>で きるようにサポートいたします。たとえば、お客様の会社に固有の状況とアナリティ クスの実装方法を踏まえて一般データ保護規則の影響を評価するうえで、カスタマイ ズ可能な Cookie 設定 <www.google.com/appserve/mkt/p/AFIPhzVnYwgpfuWe4WcmEhP5RVI8GcXnm_j7isFOWeMrwR3x5YP2y1yAx-8A9GN5I8BgWqZUCcAMy_5v0Yo0uFgKUnGUBf3myVs-fSYSWcfi0-u9PpX2kn_VeISLK7WXdlbsfEWIhxmHQlbSBeW8qLtWbELMfBpLOvgtWqV...>、 プライバシーに関する設定 <www.google.com/appserve/mkt/p/AFIPhzVhd9jWd8ssqRSPpjzKzxWzQwQmMDr_d6JZWc43X7eLe2hA6nAGg8KGbiP7Lw1MIkP0dG7Fm7xTnqp72seQmaLCmBpZ3gmwOC2EWMa8DPKiBfH0x7y_1-wpKCIETXJHKLZZXWeyp_83adocOA>、 データ共有設定 <www.google.com/appserve/mkt/p/AFIPhzVFXiapSOXR7ToDYrEdIi1IND6ChHRSqmbRRKL5MbPTQt4JurXXk4vmBHOE4mBfIopIK0vHW-tQ8jeFOhO-Nm-BI6U7avKubu5R6UGRRQ0RF4lmw-rt8iWLGCxpXmB0UGN4qJsJ6zcxXWwi0DoPEDlF>、 アカウント閉鎖時のデータの削除 <www.google.com/appserve/mkt/p/AFIPhzVqbwDwi35zxlaMngZB1RPqrxLkHjZQpmd7RgqU3_NthGqxoZHAb1dU9zxDhtcaK9RD8HIe1oQaswBNAjMIVTTK_T2dM0eGGbxEJMhVtGM55Mq28GKQmCENADVMZ3Q7kzZwcHXHb-Tb_4R_qLcNYP2I4TXA>、 IP の匿名化 <www.google.com/appserve/mkt/p/AFIPhzUgqLUwFFvffj5SpjKcdoCcuNNJ71xiaiz9jdFhPTsa_86QqkgTr_KD5z18bK5BuQUETcRQvHQYvVgO5o-tMU-VjJMwKqmfoTwxU5NidWWBuGBsR7JCrARA9TMqrPoZL1nC9RiUaMyHMu7aaQ>と いった機能がお役に立つ可能性がございます。 契約とユーザーの同意に関する更新内容 契約に関する変更 Google では昨年 8 月より、多くのサービスの契約条項を更新し、新しい法律の下で の Google の立場をデータ処理業者またはデータ処理管理者のいずれかとして示して います(Google 広告サービスの全分類 <www.google.com/appserve/mkt/p/AFIPhzUrFOjL-wGQ6L1MtZsCjSflNPcYHG3vNvT3YAZ8GBQNejUOeXJnef6b4s2noM-IM9qWVeRWRexuDzaYeqlIAQEgMUXOu2uU0NjsdZ2UwlKFRDgAQP7yd1dxSrYaMQ4xIlxc8uW8ZEG8kWLdpB0sNQkVmad5IYgFQ0m...>を ご覧ください)。一般データ保護規則に関する新しい条項は、Google との現在の契 約を補完するもので、2018 年 5 月 25 日に発効します。 Google アナリティクスとアナリティクス 360 のどちらにおいても、Google は各 サービスで処理される個人データの処理業者としての役割を果たします。 * 欧州経済領域以外で Google アナリティクスをご利用のお客様と、アナリティク ス 360 をご利用のすべてのお客様は、各アカウントの管理画面([管理] ➝ [アカウ ント設定])でデータ処理規約の更新版の確認と、更新版への同意が可能になってお ります。 * 欧州経済領域で Google アナリティクスをご利用のお客様は、データ処理規約の更 新版がすでに契約に含まれております。 * Google とデータ測定サービスの利用契約を交わされていない場合は、ご契約先に ご相談ください。 EU ユーザーの同意ポリシーの更新 Google の広告向けの機能に関するポリシー <www.google.com/appserve/mkt/p/AFIPhzXwPnlLi9850actSGgsF3ZuK_wKZWhyjUNTbUeVjehWCVQ0YEA8SFHNpX0XQ5e-k0d8VkDCoXhUJdarq9BnPolAySuxO6mVEDGm6l_QHHDF4cSn387q_Qym2SQT5PhstDDASgXTbrixbfA19ci_mSpxVWVm7RsVhNj...>の 規定により、Google アナリティクスまたはアナリティクス 360 の広告向けの機能を ご利用のお客様は Google の「EU ユーザーの同意ポリシー」を遵守していただく必 要がございます。Google の「EU ユーザーの同意ポリシー」は現在更新中 <www.google.com/appserve/mkt/p/AFIPhzW0fS-Mwzb2PxezGLDHAlJeh_6tfNqrGjxfQNmfFJdfqK2pr7TCUz8CcvipCz0Wwld72OyQJgnbRFA47pI0UWCI46Pkk04Gxn72C1SfO_tmQenEz0N3R3cj1PE9DqfZDeJj7S5276lIv2UHS6nQkHOYomv4Ab8O>で、 更新されると一般データ保護規則の新しい法的要件が反映されます。更新版では、欧 州経済領域においてお客様のサイトやアプリを利用するエンドユーザーに情報を開示 し、かかるエンドユーザーから同意を得ることについて、お客様の責任が明確に示さ れます。 必要なご対応: お客様が欧州経済領域を拠点とされていない場合でも、Google アナ リティクスとアナリティクス 360 をご利用の際にお客様のビジネスが一般データ保 護規則の適用を受けるかどうかについて、貴社の法務部門や顧問弁護士と相談するこ とをご検討ください。そのうえで、データ処理規約の更新版の確認と同意、EU ユー ザーの同意ポリシーに準拠するための行動計画の立案をご検討ください。 詳細 データに関する Google のプライバシー ポリシーと取り組みの詳細については、 privacy.google.com/businesses <www.google.com/appserve/mkt/p/AFIPhzXs8Z-QgflSxbFv_ktEvgNThuTipeZHWN8ABvUkmjg2-s9UARfcxBW-YzIg3wAd9p0aeSGvF0VM6EFLeQpLdMulzZulZzBcqxfwJgmQdossD2iOJIAaloe6Vv11miuwhJkZc-qg5KodYB_uz6qIHcGjLjCkY9Wx> でご確認いただけます。また、データ処理規約 <www.google.com/appserve/mkt/p/AFIPhzX3bkzzuwLEZfhVvnana4O82_LTHs8p4gzPxKjTUrK4o3pz6iROMmlzfq0Df_Nh_LNjxfERQVpLIwKeFJIXPsoAyO49sGykPOpdWf9x-C6JQqBVkNJ5xTZHXN31dK2mrDwE1V4I9uJDJctJ1oaJiAGSTJE>も ご覧いただけます。 今後数週間、Google のプランに関する詳しい情報を引き続きお知らせしてまいりま す。また、必要に応じて関連するデベロッパー向けドキュメントやヘルプセンター記 事を更新してまいります。 何卒よろしくお願い申し上げます。 Google アナリティクス チーム Google Asia Pacific Pte. Ltd., 70 Pasir Panjang Road, #03-71, Mapletree Business City, Singapore 117371 このメールは Google アナリティクスのサービスやアカウントの重要な更新について お知らせするもので、メール通知の設定にかかわらず、すべてのお客様にお送りして おります。

[Action Required] Important updates on Google Analytics Data Retention and the General Data Protection Regulation (GDPR)

Dear Google Analytics Administrator, Over the past year we've shared <www.google.com/appserve/mkt/p/AFIPhzU6flqITLuqLwvLbNmJ7UwMJuGYHuHYI04VH1WmX4HRwce5m87om0fA1M6qe3PBQay_aboznZ6h7I0Y61Ryfwh7wINZQJd68S9RB4jWor8d17vpY6JnmTxYoTiJ0VYgn47euwjg2yZKd2pPCecm9fISOegWHWUvj-Y...> how we are preparing to meet the requirements of the GDPR, the new data protection law coming into force on May 25, 2018. Today we are sharing more about important product changes that may impact your Google Analytics data, and other updates in preparation for the GDPR. This e-mail requires your attention and action even if your users are not based in the European Economic Area (EEA <www.google.com/appserve/mkt/p/AFIPhzWXzyll4SxbrUpZGZKeA-4FHU2j1_if5KTWpkgpl3qwUOKXQ-Bxbwri62WvXKuBOC6E4aP0RU5lkENRm6Dp5KdJmF4>). Product Updates Today we introduced granular data retention controls <www.google.com/appserve/mkt/p/AFIPhzWK_SBJ40wThFbxUP6oDU9fciItodDX0RQMfLcdDqtj_5n_iM-umrz02_8Vxsdi_BqyegUXiztPLTZ4yx2pcm4THnk4TQr0Kg1aJ1pk-AzOcxOX3LQbKAIGni0QcSpP-iMVjc-aCMFTKKysCwcbR7icTFI> that allow you to manage how long your user and event data is held on our servers. Starting May 25, 2018, user and event data will be retained according to these settings; Google Analytics will automatically delete user and event data that is older than the retention period you select. Note that these settings will not affect reports based on aggregated data. Action: Please review these data retention settings and modify as needed. Before May 25, we will also introduce a new user deletion tool that allows you to manage the deletion of all data associated with an individual user (e.g. site visitor) from your Google Analytics and/or Analytics 360 properties. This new automated tool will work based on any of the common identifiers sent to Analytics Client ID (i.e. standard Google Analytics first party cookie), User ID (if enabled), or App Instance ID (if using Google Analytics for Firebase). Details will be available on our Developers site <www.google.com/appserve/mkt/p/AFIPhzXZh7VHCGHwX92W5yybZwKH9j27dPRQb7Jx6H2m_FOKgjW94RH_Thf4N5TWhS9uxsmCFRkdOGWFGpRJLlKyD0qXLHsER_cbNyfw7YYnTi2qh7KW1swpX2LDWj_x9iDzmv7wpj4cn-f2M-i9XE82A6591PE-bxhHdB6...> shortly. As always, we remain committed to providing ways to safeguard your data. Google Analytics and Analytics 360 will continue to offer a number of other features and policies around data collection, use, and retention to assist you in safeguarding your data <www.google.com/appserve/mkt/p/AFIPhzXVhodfGRSneoXwO8SKnYZKmuEghR-_hKPVYXdGVelfswFjhJlpxlJbcyjLmFDd_vKUiGDz3Q9bfY6fTbfLnDNFmSuR2WhMIIWgfl55wLgFbhRGsU5eX2YL3g09ZDeqjoyf6ARtBB02xZJNAGTvH4MYOQ>. For example, features for customizable cookie settings <www.google.com/appserve/mkt/p/AFIPhzXZjQmc1WntSr61RaqBojO8WhEFQov3wLIKyn3LtQIr9SQsC0ZS798z97hNTHahKBAf-yxZRjfMl9A_kfSiMcjiZF7oZoGY41zYNLuVnN3yT69z_WeQ8luK2JPpW84RmOAJ4oupBlgICAk7yw3vmApf3R-I8UAbzf0...>, privacy controls <www.google.com/appserve/mkt/p/AFIPhzWczJyaH8hHT4OOs3NN_V1XFS_hDsgPZUZSsMdpZPWnyxntfK3B-SR-Q4rQ8v9-W9zM7DmHRSB18Lt-hfYjVgpP9A2UYB4Speo8RpYPp8h2IiolT0ZwPRyazGWawpqBZhmjXfmNh2v7zfJtJw>, data sharing settings <www.google.com/appserve/mkt/p/AFIPhzVDG6QNF20UHDd-wb1UTfsbZ32pm6H8R7OgKUsF4vJJh77wo5DfuTNJ6jP9AbsA31FXB26t81E1V6j8Sa9yMhCh5Rbv7zwFGZlVgUcUkHrkpm3GAM_YoTPGsoPxY2vuEtH5SrJQzCzWwNG98QraGdpu>, data deletion on account termination <www.google.com/appserve/mkt/p/AFIPhzV48rahwxXRrMb0SlkvVOihrkVcTH9x6Q6pKr7sUhv0lTC5f-UyyXaX88Q91SgnkOqQzfCNOPQKCyLkDaBsPJ0ddSEDAKCUYhvyS7RTRlJvAAeoKN1JMscqpDDx4E3ukFR3sFYqlw7_eHERt_ZH1n-wQUHT>, and IP anonymization <www.google.com/appserve/mkt/p/AFIPhzUjxRr7Sx1rWn-8Le5fwo7DFgBFtuJ50xiIuzMbZlKLBPixpOjqVSd3NgiYneu_YB4qd6KTM6AwFOiPxayxViYUN5gNnPpIku50XufWYd-oWfSPUVluvwqoMPgarBLa-NZ_tyCRCrABB2njcw> may prove useful as you evaluate the impact of the GDPR for your company’s unique situation and Analytics implementation. Contract And User Consent Related Updates Contract changes Google has been rolling out updates to our contractual terms for many products since last August, reflecting Google’s status as either data processor or data controller under the new law (see full classification of our Ads products <www.google.com/appserve/mkt/p/AFIPhzUx4iAzs-yKNcpPh9pjhizSfztbgj-3z2xxVymChSQIQhD5NtX9mlFZQRnAYK7b1kvJdUfojEZRE9nfefVTI6oWl8dO7mdmNKzrhmJO80FSIFdQJ7321T8dCNyh2Y-CV9BAODgssAL08idye18auRG0iXdWBSXQWZA...>). The new GDPR terms will supplement your current contract with Google and will come into force on May 25, 2018. In both Google Analytics and Analytics 360, Google operates as a processor of personal data that is handled in the service. * For Google Analytics clients based outside the EEA and all Analytics 360 customers, updated data processing terms are available for your review/acceptance in your accounts (Admin -> Account Settings). * For Google Analytics clients based in the EEA, updated data processing terms have already been included in your terms. * If you don’t contract with Google for your use of our measurement products, you should seek advice from the parties with whom you contract. Updated EU User Consent Policy Per our advertising features policy <www.google.com/appserve/mkt/p/AFIPhzWcywOtIAwEnMyj8Dko0HbKfJoW7fz1fz8FFyRyFHB34lmioCWo3f-QB36HhDpDQDCQNKUX52h1o0b1ZsbqlAyr1RlMTviv1Dqf31TgNIi8R3yO56l25i-hBV7pfrxXjTdYrQTBfybYPCGvrlsOEbi5TnQdU_evjqF...>, both Google Analytics and Analytics 360 customers using advertising features must comply with Google’s EU User Consent Policy. Google's EU User Consent Policy is being updated <www.google.com/appserve/mkt/p/AFIPhzWQOquA6fExLeqbI_vL1-v43X95Q4fgJEuTfUd1jvfMazvXf2hB_8iseQNhgHzBTFXUGSUoVw2IXIKZDdlnrolTdt-WarhHNEqytaQEAx10g-flNwTE54XrqwlEuJrH8aiuD7dpqsywEdGfGwukCtaoZxnuXEFj> to reflect new legal requirements of the GDPR. It sets out your responsibilities for making disclosures to, and obtaining consent from, end users of your sites and apps in the EEA. Action: Even if you are not based in the EEA, please consider together with your legal department or advisors, whether your business will be in scope of the GDPR when using Google Analytics and Analytics 360 and review/accept the updated data processing terms as well as define your path for compliance with the EU User Consent Policy. Find Out More You can refer to privacy.google.com/businesses <www.google.com/appserve/mkt/p/AFIPhzUG9N5RDB8wUWonQOa6293e2b6bUOwIQRE-ajZMYSGo06F6kgabx1HfH-wuTfgfZBVH78pq6hU7XrN2DvgGwGsGp9y-mT7B4S1Pmvi7znzL_AOfQzHIFXTGJL9jdVJj8pNlSGEtdUju35s> to learn more about Google’s data privacy policies and approach, as well as view our data processing terms <www.google.com/appserve/mkt/p/AFIPhzUP7a7XmpyCAU4JEWVxOLokY0_KYym7OD0HUfMXRGgfTmEMuNLjOfUvRSXf9YQycnNGNGd5dIvCaSH6lAsg2007P1fHTXMhp8E4lyEtwB0zZWew2-SZTLEKVDavCTOtFSFslu_-1CoEfm77QEUwpcbhsew>. We will continue to share further information on our plans in the coming weeks and will update relevant developer and help center documentation where necessary. Thanks, The Google Analytics Team Google Asia Pacific Pte. Ltd., 70 Pasir Panjang Road, #03-71, Mapletree Business City, Singapore 117371 You have received this mandatory email service announcement to update you about important changes to your Google Analytics product or account.

浜松竜ヶ岩洞・企業見学 受講者振り返りより

方法について ・何かを実験するときは、他の影響が入ると結果が大きく変わることがあるので、他の影響が入らないようにする。 ・鍾乳洞で、輝緑凝灰岩があったので、その地質を考えて安倍川と比べたいです。また、竜ヶ岩洞の付近には中央構造線によって翡翠がとれる事が分かりました。その周りの地質も考えたいです。 ・何でも「ダメ」や「いい」と決めつけないで、しっかり区別したりする。(添加物)他の人の視点からも考える(イスラム教やユダヤ教でもいいか)。醤油は6カ月ぐらいかかる。→しっかり長く研究する。材料の量だけ変えて新しいものを作る。 ・強酸性で砂糖を熱する。砂糖は、というか物質は酸性中では焦げやすい。→低い温度で加熱しても焦げるのだろうか。 自宅での味噌の作り方。 内容について ・酸味系の調味料では、麹菌や乳酸菌などが出す酸や分解して出す糖やアルコールが重要だと分かりました。また、鍾乳洞では、二酸化炭素を含む酸性水が隆起してきた石灰岩体を溶かして石柱や鍾乳洞を形成したことが分かりました。 ・雨に二酸化炭素がとけ、それが石灰石を溶かして、鍾乳洞ができていく。1cmつくられるのに100日かかる。酸が入ると同じ塩分でもしょっぱく感じる。酸素を入れないようにする。麹菌によって、もろみの色が濃くなる。(小麦の成分も分解される) 海の底にたまった生物の死がいやサンゴが石灰岩となり、それが雨に二酸化炭素が入り、酸性によりとけ、形がつくられる。この時、成長スピードが1cm/年だと書いてあった。醤油は赤だった。ずっと黒かと思っていた。このように、身の回りには思い込みもあるようだ。 ・醤油は菌を使って作る。鍾乳洞は、自然の長い間の年月をかけて作った芸術ということ。酸性の雨でとけて鍾乳洞ができること。 ・発酵するとガスが出る。   感動したことについて ・醤油には麹菌というカビの仲間を使って作っている。麹菌は緑色をしていた。 ・醤油の製造方法で、それをうまく作るには、機械を使ってではできなく、昔からの製造方法で人間がしっかりと管理をしないと、いいものができないことに感動しました。 ・添加物を使ってもいいもの、悪い物に分けたり、使わないようにしたりして、できるだけおいしく、安全なソースを作っていること。イスラム教やユダヤ教の人のことも考えて作っている。自然のもので作ろうとしていること。 ・添加物のカラメル、カラメルにも四種類あり、カラメル第一種~四種のうち、第一種は砂糖をこがしていて、他は一度砂糖を強酸性にし、火にかけ、低い温度で焦げたカラメルを強アルカリ性の液体で中和したものだと知った。まさか強酸性や強アルカリ性なら口に入れてもOKと思っているのか?気になる。 ・ちょっと気持ち悪かった諸味が美味しい醤油になったこと。あと、意外とおいしかったこと。 ・100年で1cmしか鍾乳石が伸びないこと。   その他 ・100mLの醤油には、20mLぐらいの大豆が含まれている。全国には5種類の醤油がある。 ・ウスター、イギリスの地名。酸のpHは3.0~3.5。糖度ウスター>中濃>濃厚。ソースは熟成すると、味が丸くなる。ソースは西の方が甘く、東の方がしょっぱい、すっぱい。カラメル→砂糖をこがす(一類)、強酸、強アルカリで作ると低温度で効率がいい。 ・ウスターというのはイギリスの地名。ここでソースのもとができた。ソースが黒く見える理由は、カラメルのせいだそうだ。カラメルを入れないと、だんだん黒くなっていく。

浜松竜ヶ岩洞・企業見学

2014年9月21日 この日は、浜松方面にツアーです。 行先は、竜ヶ岩洞と浜松科学館、そして科学館の近くにある醤油を作る蔵の見学でした。今回は、浜松周辺企業(トリイソースさん・加藤醤油さん)の講演会・見学会を、浜松理科教育研究会が計画されているところに、参加させていただく形で実施しました。 竜ヶ岩洞は、浜松市北区引佐町にある、石灰岩でできた洞窟です。石灰岩とは何か。なぜ、鍾乳洞は天井から岩が垂れているような形をしているのか。なぜ、海から離れたこの位置に石灰岩でできた洞窟があるのか? あらゆる疑問が湧いてきます。 こうしたツアーの目的は、科学に関する知識を得ることもありますが、それ以上に「科学者として」疑問を持ち、それを自分で解決していくためのきっかけを持つという事でもあります。 竜ヶ岩洞は、不思議の宝庫。まさに、科学にぴったりの場所でした。   午後からは、浜松科学館でトリイソースさん・加藤醤油さんのお話を聴きました。ソース・醤油とどちらも昔ながらの製造をされている企業さんですが、こちらはまさに工学の現場を見せていただくという場になりました。 ソースも醤油も完成したものしか普段は目にしませんが、なぜ醤油やソースなどの調味料を作るようになったのか、そしてそれがなぜ食品のもちを良くするなどの効果があるのか。豆から醤油がどうしてできるのか?やはり、工学は科学に支えられているということが分かりますね。 この日に参加した人たちは少数でしたが、ある意味で一番現場を見た回と言えるかもしれませんね。

遺伝研・ジオパーク-受講者の振り返りより

科学の方法について ・問題を見つける→実験→学会→論文発表というようにして論文を発表していること。 ・はじめてたまねぎとかの細胞を見た。学校とか家にある顕微鏡と違ってものすごい顕微鏡を初めてみて、すごくはっきりきれいに見えてよかった。 ・疑問を見つけ、それについて研究していくこと。研究をするには、分からないことや、不思議に思うことを見つけ解決するから。 ・どんな研究も思ったとおりに自由にやっていく。 ・テーマが大きいと大きい発見がある(かも)。 ・「役に立たなくても面白い研究を」ということです。 ・ショウジョウバエのように条件をそろえることは大切。 ・津波がどこまで来るのか、しっかり予測し、余裕を持たせて考えたらいい→先の先を見通す。 ・研究者は警察と似ている。学者・博士は自由である。大きな疑問を考えて調べる。 ・研究で大切なことは疑問を見つけることで、大きな疑問を見つければ、大きな結果となる。 科学の内容について ・遺伝学とは何か、火山の後はどうなっているか。遺伝学ではどの様な昆虫が(生き物が)使われているのか。 ・一つの細胞からたくさんの細胞が生まれること。核は骨で真ん中に動く。 ・細胞の中にも骨が2つずつある。細胞は動物にも植物にも絶対にある。線虫は一日で卵が成長して成虫になるのはびっくりでした。 ・細胞は生物にも植物にもカビにも細胞は絶対一つはあって、象とネズミは大きさは一緒というのとかがあった。 ・全ての生き物が細胞でできている。親に似ている(遺伝する)というのは、親から遺伝子が受け継がれているため。たった一つの細胞でできている細胞がある。 ・細胞は他にもたくさんのことがまだ知られていない。生き物には必ず細胞があり、必ず細胞よりも大きい。どんなに細胞が2,4,8,16と増えていっても、もとの卵の大きさは同じで細胞の大きさは変わらない。ネズミも、象も、細胞の大きさはほとんど同じ。 ・線虫は生まれてから一日で大人になるから使われている。体が透明で体の中が見えるから。一つの核があって、それがどんどん増えていく。細胞にも骨があり、核から二か所に出てくる。三か所以上になるとガンになってしまう。細胞の中に細胞はない。 ・人は約60兆個の細胞からできている。(本当は分からない) 細胞分裂をする時、リングができて、それが縮んで、二つに切れて分裂すること。核の二か所から骨(?)が出ていて、そのおかげで核が真ん中にあること。 ・細胞に骨格があること。 ・遺伝子は子に伝わる。(実際母の子の頃に似ていた)ショウジョウバエなど毎回使うが、それは話し合いの場で分かりやすくするためだ。 ・線虫と人間も似ている。線虫は人間よりも細胞の分裂が早い。細胞にもいろいろな形がある。性格もある程度遺伝する。 遺伝子は親でもにてくるということです。 ・進化=長年ずっと続いた生き物が変わること。人間一人の細胞の数は正確には分からない。細胞一つでも生きられる。細胞の中にある「核」が中心にないと細胞分裂ができない。「核」が中心にある理由は、「核」に骨があり、それが伸びるから。大人→子どもに遺伝するもの性格や血液型など細胞の中に組み込まれている。 ・伊豆とプレートの関係、火山による島の変化、細胞の仕組み ・伊豆半島の山はほとんど火山。遺伝子は体の設計図で、研究ではマウス、米、虫、大腸菌などを使っている。体に細胞がいくつあるかは分かっていない。全ての生物は細胞でできている。線虫は一日で大人になる。また、中が透明なので研究しやすい。 ・石のでき方や石に含まれている鉱物や成分が分かった。   感動したこと ・自由なところ。考えるよろこび、つくるよろこび、世界がライバルというのがすごいと思い。感動しました。 ・生まれてから8時間ぐらいで大人になること。核が真ん中に動くこと。 ・がんばって答えを見つけ出すのが研究者(博士)自分で解決することを見つける。実験して答えを見つけ出す。調べて発表しあって、議論(話し合い)をして相談する。論文発表…論文、新聞みたいなもの審査をする。→警察の仕事に近い。自分の思ったことができる。生き物の細胞がどんどん増えていく。 ・大きな質問を考えるのはすごい。「常に世界が代表」と思えるのがすごいと思います。細胞は丸だけだと思っていたけど、いろいろな形があってびっくりした。 ・ゾウとネズミの細胞の大きさが同じ事。 ・細胞も奥が深くて少し衝撃を与えるだけで、何百個も消えてしまうこと。学校と研究の先生の違いがびっくりした。小さい虫などは一日で卵から出て、大人になる!細胞からも骨が出ている。でも、一つの細胞から二個の場所から骨がでてる! ・線虫の動いている姿が見られた。頭がちょっと動いていた。タマネギの細胞が見れた。 ・細胞が増えたら骨も増える。小さい細胞は、大きい細胞に食べられるから、細胞が大きくなる。 ・一つ100万円くらいする顕微鏡を見ることができたこと。英語の論文を書いているところを見れたこと。線虫を見れたこと。 ・研究者になるためにすること、なって楽しいこと。線虫が動いているのが見れたこと。 ・もともと海だった所が今は陸になっているということ。 ・細胞が動いていること。 ・色々な細胞を見ることができたこと。 ・研究者は質問され、答える側ではなく、質問する側である。分からないことがあったら、自分で考えてみることも大切。センチュウのもとが、一つの細胞ということに驚いた。 ・「研究者は質問する側」としてそれをとことん調べているのがすごい。すぐには役に立たなくても、「面白い研究」をやっていこうという姿勢が、とてもすごくかっこいいと思った。 ・研究者は質問されることだけではなく、質問する側でもあるということが大切。 ・研究者全員が日本代表だということ。また、自分が書いた論文が認められると一生その論文が残ること。細胞は最初は1つで、2つ、4つ、8つ、16…のように分かれて増えていく。 ・伊豆が火山とプレートによってくっついたということ。細胞や遺伝の仕組み、細胞の分裂のときの起こっていること。 ・論文を書いて認められると、その論文は人類が滅びるまで残る。細胞は分裂してどんどん増えていく。 ・細胞が増える様子がすごかった。   その他 ・伊豆半島の山は低い山でも急な山が多い。 ・35グループでそれぞれ研究をしている。60兆個細胞の数は適当。誰も数えたことがない。血液型、性格、肌の色が遺伝する。細胞の中に細胞がある?ゾウの細胞と、マウスの細胞はほとんど変わらない。スマホ顕微鏡? ・スマホ顕微鏡を作っている人がいる。 ・石にも多くの種類がある!岩から木が生えていた「びっくりした」 ・研究所の中が見れて嬉しかった。海でいろいろな石を拾えて、その石がどのような種か分かった。 ・知りたいこと(研究者の仕事やなるためにすること、なると楽しいこと)が知れてよかった。 ・研究者はおもしろく、自由がある。だから研究者になってみたいと改めて思いました。 ・コミュニケーションが大事だ。 ・研究者は質問する側。ゾウでもマウスでも細胞の大きさが変化しない。 ・なぜ水門などは津波に耐えられるかわからないもののままになっているのか。周りの環境によって変わっていく。遺伝は「幅を決めている」細胞の大きさはあまり変わらない。細胞は普段は細胞の中に入らない。 ・分からないことがあるときは、すぐに質問するということ。学者の仕事の一つは質問。 ・遺伝研とは命の調べること。学者や博士は警察みたい。その理由は最初に事件などの問題があり、それを調べたりして、答えを発見するところが似ているから。また、最後の裁判にあたるものが論文発表で「審査」をするところが同じだから。研究者になるには…高校→大学→大学院→博士号研究者になる。 ・研究者になるには、大学を卒業して、大学院にいって、卒業しなければならない。DNAは遺伝子を作る元。 ・研究室に行けてよかった。

遺伝研・ジオパーク

2014年8月20日 この日は、三島市にある国立遺伝学研究所に向かいました。今回は、遺伝学研究所のご厚意により、受講者の見学を受け入れていただく運びとなりました。 見学は、午後からでしたので、午前中は近隣のジオパークを見学しました。伊豆半島は日本ジオパークへも登録され、世界ジオパークへの登録に向けて準備を進めている段階です。伊豆半島の各地には、見学に良さそうな地域もいっぱいありますが、今回は三島から近い範囲ということで、「牛臥山」を選択しました。伊豆半島は南の海から来た火山であること、海岸から達磨山方向を見ると、近くの山との傾斜の差が良く分かり、右手(西)側の駿河湾が、達磨山を削ったこと、牛臥山は流紋岩でできていて、これも海に洗い出されていること、岩石は雲仙普賢岳、有珠山など溶岩ドームを作った火山と同じように粘り気の強いマグマからできていること、タフォニーと呼ばれる塩の結晶が大きくなることでできた穴が岩にあいていることなどを観察しながら学ぶことができました。 ジオパークの紹介ホームページはこちら 実は、ちょっと時間が余ってしまったので、近隣の凝灰岩の採掘が遠目に見られる地域、狩野川が洗い出した山々と平野、柿田川の富士山の湧水なども、少しだけ見学しました。 午後からは遺伝研です! はじめて訪れる施設にわくわくしながらも、ちょっと緊張気味に講義を受ける部屋へお邪魔します。 広報室の鈴木室長、細胞建築学の木村准教授が遺伝に関するお話をしてくださいます。細胞はどんな形をしているのか、細胞の中には、どんなものがあるのか、核の中に入っている染色体が遺伝子を伝える働きをしていること、遺伝子の働きでどんな形質が決まっているのかなどを教えていただいたところで、実際に顕微鏡をのぞいて、細胞の様子を見せていただきました。さらに、木村先生は、細胞の中の紡錘糸が染色体を引っ張って、細胞分裂させる役目をしているなど、細胞骨格の役割を小・中学生に分かりやすくお話ししてくださいました。 研究室も紹介していただいて、普段見ることのない機器や、学校のものより何倍か大きな顕微鏡、そして何より本物の科学者と出会えたことで、受講生も興奮気味の帰路につきました。